次世代アイスコーヒー。ドラフトコーヒーを神戸で飲める

投稿日: カテゴリー: 神戸

どうも、コーヒーブロガー@gon_saemonです。

暖かくなって来た所でアイスコーヒーの時期です。

Twitterでは水出しコーヒーを作るツイートが見られるようになりました。

このブログは最先端なので、今はやりのドラフトコーヒーをご紹介します。

今から流行るはドラフトコーヒー

コーヒーに窒素を注入してビールのように泡立てた「ニトロコーヒー」などを、日本初上陸の「グリーンベリーズコーヒー」で飲んできた – GIGAZINE

ドラフトコーヒーとは、アイスコーヒーを入れる際に窒素を加えるコーヒーです。

グリーンベリーズコーヒーではニトロと呼ばれています。

流行には敏感なので、飲みに行きました。

グリーンベリーズコーヒーの神戸三宮店です。

入れ立てはほぼ泡です。

普通のアイスコーヒーとは違い、ストローで飲まずにグラスに口をつけて飲みます。

氷がなくても冷たいですし、氷で薄まることはありません。

味は窒素が混ざった泡がクリーミーで、キリッとした冷たさ、キレがあります。

この文面だけではビールとそう変わらないですね。

時間が経つと窒素が抜けてコーヒーらしさがでてきます。

豆はさほど深煎りではなさそうな、酸味が感じられます。

ニトロはコーヒーのキリッと所を十二分に楽しむようなドリンクですね。

普通のアイスコーヒーと比べるとニトロの方が味わい深いです。

ゴクゴク飲んでも良さそう。

というわけでローテーション化しそうなメニューです。

ドラフトコーヒーは、関西では神戸、宝塚、新大阪で飲めるそうです。

ちらっと立ち寄って見てください。

次世代アイスコーヒー。ドラフトコーヒーを神戸で飲める」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です